漢方

腹痛と便秘

腹痛を伴う便秘症状ではいくつかタイプの違う症状があります。
お腹が張って苦しく、食事がとれなくなり、吐き気などを伴う場合は腸にガスや便が溜まってしまい他の臓器を圧迫して腹痛を起こしている場合があります。
こう言った場合ガスや便を出す事が必要です。
腸を動かすストレッチなどをしてガスを出すようにしましょう。

無理に水や便秘薬を飲もうとするとよけい苦しくなるので、ゆっくり腸を動かす運動をしてガスを出し、腹痛が落ち着いたら便を出す努力をしましょう。
その他のタイプには、腸に癌がある場合、癌によって便が出ずらい状況になっている可能性があります。
腹痛と便秘が長引く場合、しっかり医師に診てもらうことが大切です。

腸に癌があると血便が出ることが多いので、血便が出た場合には医師に相談しましょう。
その他のタイプでは、腸がねじれて便が通りずらく、腹痛を伴う便秘になっている場合もあります。
腸のねじれは運動によって改善できる事が多いですが、ひどい場合は医師に相談することをお勧めします。
腹痛を伴う便秘は本当に大変な状況です。
医師と相談しながら便秘解消に向け生活習慣を改善させましょう。
体からのSOSにしっかり耳を傾けましょう。
便秘になる前に、事前になりにくい体質作りをしておきませんか?
辛い便秘になりにくくするには食物繊維やヨーグルトhttp://health20dallas.com/yoguruto.htmlなどから乳酸菌をしっかりと摂り入れると良いでしょう。
食生活の欧米化によって野菜が不足しているのも便秘の原因になりますから、肉だけでなく、野菜や魚もバランスよく食べていくことが大切です。