漢方

漢方が妊婦さんの効果抜群な便秘解消に貢献

漢方薬が妊娠中の女性の便秘解消に効果的と言われています。
もちろん漢方薬が効果的な場合もありますが、自然由来の元は言えお薬には変わりありません。
まずは、漢方薬に頼るのではなく、食生活の改善、生活習慣の改善、軽い運動などを取り入れて、便が出やすい環境を作り出す事が大切です。

それでも便が出ない場合、薬局や漢方薬を販売している薬局で相談しながら漢方薬を取り入れて下さい。
妊娠中で胎児も安全だとされる、便秘役として使われるのが当帰芍薬散や帰膠艾湯と言う漢方です。
逆に妊娠中に気をつけなくてはいけない漢方の便秘薬に 大黄甘草湯と言う物があります。

この漢方の 大黄という成分には子宮を収縮する作用があります。
ハト麦やアロエの成分の中にも子宮収縮作用の成分が含まれていたり、胎児を排除しかねない成分が含まれているようです。
ですので、漢方で便秘解消が確かにされますが、センナと言われるセナトニンが含まれる物などは子宮収縮作用があるので、妊娠中の便秘薬としては不適合です。

このように、漢方薬は複雑なので、妊娠中は必ず医師や薬剤師に相談することをお勧めします。あなたと大切な命を守るために適切な対応をしましょう。
自然由来のものですが、漢方薬も薬であることを忘れないで、自己流に頼らず、必ず相談しましょう。