漢方

妊婦さんに最適な便秘解消方法

誰でもなのですが、便秘になるには食生活と生活のリズム、そして睡眠が深くかかわっています。
不規則な生活や、偏った食生活、外食の多い生活ですと、たちまち便秘がちになってしまいます。
まずはしっかり睡眠をとり、規則正しい生活と野菜の多い食生活を心掛けることが大切です。

ここで、今まで便秘がちでは無かった方が、妊娠をして便秘がちになってしまうケースがあります。
その多くが、腹筋と大きく関わっています。
腹筋の力が弱くなると便を押し出す力が足りなくなり、便が出にくい状況になってしまいがちです。
妊娠すると、腹筋など激しい運動はしなくなるために、あちこちの筋力が衰えがちになります。

無理な運動は厳禁ですが、よく歩くなどの軽い運動は快適な妊婦生活を送るためにもとても大事です。
医師との相談の上、御自身にあった運動を取り入れて、便秘解消しましょう。
そして、誰にでも言えますが、便秘解消には水分は不可欠です。
体に取り入れる水分が不足すると体の中の老廃物を外に出せません。

便も水分が不足すると硬くなってしまいます。
こまめに水分を体に取り入れることを意識しましょう。
またご飯をしっかり食べましょう。
パンや麺などばかりを主食にするのではなく、ご飯をしっかり食事に取り入れると、便がしっかりでるようになります。
ご飯は体の栄養になるだけでなく、そのカスがしっかり腸内のゴミ(便)を押し出してくれます。
玄米食だとなお良いですが、ご飯を食べる習慣は便秘解消のためには必要不可欠です。
便秘解消には、水分と運動そしてご飯の食事が大切です。

食後にヨーグルトを食べるようにすると、乳酸菌のはたらきにより腸内環境が整いスムーズな排便を促してくれるようになります。
妊娠中は薬を飲めませんが、便秘解消に良いヨーグルトなどをうまく活用して、辛い便秘を解消しましょう。